トップ

>

LINE公式アカウント

News & Blog

活動成果やお知らせ

LINE公式アカウント

【期間限定】LINE公式アカウント「新型コロナ対応無料配信」機能
はじめにLINEは人々の生活に根付いているプラットフォームであるため、ビジネスにおいても大きな役割を果たします。今回は期間限定の機能となりますが、1日2回まで無料でメッセージ配信ができる「新型コロナ対応無料配信」機能についてご紹介します。背景として、新型コロナウイルス感染拡大の影響による緊急事態宣言の再発令を受け、休業要請や休業協力を求められている業種を支援するためLINE社が無償提供をした機能に...
【LINE公式アカウント】ついにステップ配信機能が実装!!
はじめにこの1ヶ月でLINE公式アカウントの管理画面の構成が変わりました。基本的なメニューの内容は今までとほとんど変わりませんが、「ステップ配信」のメニューが追加されました。本日はLINE公式アカウントの基本機能に実装された「ステップ配信」についてご紹介いたします。ステップ配信とは?イメージはメルマガでいうステップメールです。LINE公式アカウントで使う「ステップ配信」は友だちの追加をメッセージ配...
LINE公式アカウントの機能の課題を運用で回避しよう!
はじめにLINEは人々の生活に根付いているプラットフォームであるため、ビジネスにおいても大きな役割を果たします。過去に当ブログではLINE公式アカウントを使い、顧客リストである“友だち”の集め方や情報発信の仕方の一部をご紹介してきました。今回は、LINE公式アカウントを基本機能だけで運用していると直面する課題とその解決策をご紹介します。直面する課題誰が友達になったか確認できないLINE公式アカウン...
LINEのクロスプラットフォームをうまく利用して最適なアプローチを使用
はじめにLINEは人々の生活に根付いているプラットフォームであるため、ビジネスにおいても大きな役割を果たします。過去に当ブログではLINE公式アカウントを使い、顧客リストである“友だち”の集め方や情報発信の仕方の一部をご紹介してきました。今回は、情報発信の精度を上げる“クロスプラットフォーム”というものについて記載いたします。クロスプラットフォームとは?(参照元:https://www.lineb...
友だち追加(CPF)広告でLINE公式アカウントの友だち数を増やそう
はじめにLINE公式アカウントをCRMの施策として利用するものの、“どうやって友だち数を増やすか?”ということが課題として必ず出てきます。前回の記事でディスカバー機能を使った友達追加の方法をご紹介させていただきました。今回は友だち追加広告(以下CPF広告)についてご紹介いたします。友だち追加(CPF)広告とはCPF…Cost Per Fiendの略のことで、予算をかけてLINE公式アカウントの友だ...
【LINE公式アカウント】ディスカバー機能をどんどん利用して友だち数を増やそう!
はじめにLINE公式アカウントでは見込み顧客のリストである“友だち”を増やすことが非常に重要になってきます。今回LINE公式アカウントの友だち登録を促す方法の1つとして“ディスカバー”という機能をご紹介いたします。“ディスカバー”とは?〇ディスカバーの機能について皆さんはLINEのタイムラインの横に「ディスカバー」というタグがあることをご存じでしょうか?ディスカバーとは2020年3月にリリースされ...
【LINE公式アカウント】誰でも無料で活用できる基本機能で集客してみよう!
はじめに現在、新型コロナウイルスの影響を受けている事業者が多いご時世で、一層Webマーケティングの重要性を感じております。この記事はLINE公式アカウントの基本機能だけでできる集客方法を紹介いたします。LINE社の調べによるとLINEは2020年9月時点で月間利用者数は8600万人、そのうち85%は毎日LINEを利用しております。つまり日本国内の「生活インフラ」として定着しております。また下記の通...
5GとLINE公式アカウントのこれから
はじめに2020年3月から5Gのサービスが開始されました。5Gの概要については弊社北澤の記事をご覧いただければと思いますが4Gから5Gになることでどのように変化していくのかということをLINE公式アカウントに絡めてご紹介していきたいと思います。Webでの情報伝達方法の変化とLINE公式アカウントについて■スマホの通信サービスの変化少し遡って3Gから4Gに切り替わった時、Webの世界が大きく変わりま...
自動と手動を使い分けて顧客の心をキャッチ‼LINE公式アカウントの個別トークの極意
はじめにLINE公式アカウントでは通常のLINE同様にユーザーと個別でのトークが可能です。また、通常の個別トークに加えて自動で返信する機能も備えております。うまく使いこなせば、忙しい事業者の工数を削減し、ユーザーとのコミュニケーションを円滑に行うことができます。本記事ではその方法について記載していきます。LINE公式アカウントのトークの使い分けQ.メッセージが来ても全く返信する時間が取れないYes...